保険で白い歯
更新日時:2019/09/19
カテゴリ:ブログ
JR吹田駅 歯医者 ゆうき歯科です。



被せものの治療には、健康保険適用のものと保険適用外のものがあります。

保険適用では、前歯から小臼歯と呼ばれる前から数えて5番目までの歯に、見た目が白い被せものが入れられます。それ以外の奥歯は銀歯になります。前歯は、裏打ちが金属で表面に白い樹脂が貼り付けてある見た目が白い被せものとなります。
下あごの6番目の歯にもある一定の条件はありますが、CAD/CAM冠という白いかぶせ物を保険で入れられるケースがあります。

保険の被せ物の白い部分は、歯科用のプラスチック使用していますので、2~3年くらい経過すると劣化や着色します。また、材質的に、セラミックと比較して歯との適合精度も耐久性も落ちてしまうことは事実です。金属と比較して、保険の被せ物の強度は低く、またもろいため、白い部分が取れたりかけたり割れたりのリスクもあります。補修できるようなら、樹脂を用いて修理することもありますが、修理が難しいようなら作り直しになります。

費用は健康保険が3割負担の方で、7000円前後です。
いずれにせよ保険で白い歯をご希望の吹田の方は近隣の吹田の歯医者で一度相談してみてはどうでしょうか?