金 による 治療
更新日時:2020/07/17
カテゴリ:ブログ
JR吹田駅 歯医者 ゆうき歯科です


先日金による修復をして患者さんから質問があり
歯科に使う金は24金ですか?とのことでした
24金は柔らかすぎて歯科には適しません。
20金か18金が通常で
金といっても
金・銀・銅+白金・パラジウムの合わせた金合金であります。

金属ですので審美的(見た目)問題はありますが、加工精度が高く金属もほとんど錆びることはありません。



<金合金の利点>

硬さが天然歯に近いため、咬み合う相手への負担が少ない
 
最も適合が良く、虫歯の再発が少ない。

金属の溶け出しによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低くなる。

<金合金の欠点>
 金属なので審美面が劣る。

 健康保険が効かない。