仮歯 取れた 対処法
更新日時:2019/01/21
カテゴリ:ブログ
JR吹田駅 歯医者 ゆうき歯科です。

仮歯が取れた、割れたとき
歯の治療中、最終的な被せ物が出来るまでプラスチック状の樹脂で、歯に被せ物などを作る仮歯で生活することがあります。短期間の使用は問題ありませんが長期間の使用には素材的に耐えること出来ません。仮歯は手軽で見た目も良いため主に見た目が大切な前歯などに作られることがあります。
仮歯は時間が経過すると、徐々にすり減ります。すり減ってしまった部分は歯の移動によって補正が起こり、咬み合わせ面のせっかく被せるため削ったスペースが、どんどん失われます。
改めて治療を開始した時点では、スペース不足のため、追加で歯を削ることとなり、特に歯の神経をギリギリで保存した場合など、神経を残せなくなってしまうこともあります。
仮歯なので、どうしても強度が弱く壊れてしまったり、表面がざらついたり、なるべくそうならないよう考えて気をつけて作って付けているのですが、、取り外すことを前提でつけているので、ポロっと取れてしまったり壊れてしまうこともあります。

仮に仮歯がポロッと取れてしまった時も、割れてしまった時も粉々になってしまったように思うときもそのまま、成るべく早く連絡頂きに持ってきていただけると幸いです。
半分でも、たとえ三分の一でもあると、修理する時に直しやすいことがあります。欠片すらない何もない状態から仮歯を作り直すのは時間がかなりかかりり患者さんい時間をかなり頂くことがあります。また、壊れたり外れた仮歯の状態から、割れたりすり減ったりする原因がわかれば再発防止策を考えることができます。
仮歯が取れて歯医者に行く時間もない場合、瞬間接着剤で自分で着ける人がいますがこれは絶対にやめてください。瞬間接着剤でくっつけてしまうと、仮歯を壊さないと取れなくなります。また、既に型取りをしていた場合、やり直しになってしまうこともあります。