アマルガムについて
更新日時:2019/03/14
カテゴリ:ブログ
JR吹田駅 歯医者 ゆうき歯科です
アマルガムについて
20~30年前の日本では、虫歯の治療で主に使われていた材料ですが、最近アマルガムをつめる先生はいません。
アマルガムの成分は銀、スズ、銅、亜鉛、水銀などが含まれる合金で水銀が高濃度に含まれています。
アマルガム充填の利点としましては
①歯を多く削らなくてすむ
②歯との隙間ができにくい
③汚れがつきにくい
④2次う蝕にかかりづらい

アマルガム充填の欠点としましては
①アマルガムに含まれる水銀が口の中で溶解し、生体に悪影響を及ぼしている
②金属アレルギーの原因になる

アマルガムに含まれている水銀は人体にとっては非常に毒性が強く唯一液体の重金属で毒物と指定されています。
このため、原因不明の病気に悩まされ病院通いを余儀なくされている方もいるといわれています。アマルガムを除去することで、身体の疾患がよくなり体調が改善したという報告もあがっています。

当医院ではアマルガムを使用していません。アマルガムが危険だからというわけではなく、他により安全で優れた代替材料が存在するからです。