入れ歯 痛い
更新日時:2019/06/25
カテゴリ:ブログ
JR吹田駅 歯医者
 ゆうき歯科です。
吹田駅近辺にお住まいの方で入れ歯についてお困りの方もいらっしゃることでしょう。歯周病・むし歯・外傷など様々な原因によって歯を失う事があった場合は新たに入れ歯を入れて口腔内の機能を回復する必要があります。
入れ歯の役割は、食べる・しゃべる・見た目などの機能を回復する目的で使われます。入れ歯に対して「痛い」「話しにくい」「老けて見える」「手入れが大変」などのイメージを持っている吹田の方が多いと思います。そのため吹田の歯科で入れ歯を新しく作るのをためらったり、せっかく吹田の歯科で新しく入れ歯を新製しても使わない吹田の方も多いと思います。入れ歯をしていないと歯が抜けている部分の横の歯が倒れ込んできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして、抜けた歯の空間を埋めようとします。その結果、歯並びが悪くなり、歯ブラシで磨くことがさらに困難になり、現在残っている歯が虫歯や歯周病になる原因になります。入れ歯は、吹田の歯科医院で時間をかけ吹田の患者さん一人一人に合うようにさまざまな段階を経て作製しても、できたばかりの新しい入れ歯をそのまま吹田の患者さんのお口の中にいれただけではうまく機能することは難しく、使用しながら吹田の歯科で調整を行い吹田の患者さん自身がうまく使えるようにリハビリすることも必要です。義歯というように義手、義足と同じように使いこなすには時間がかかるのは当然のことと思われます。吹田の歯科で入れ歯を新しく作り調整したばかりのとき、初めに不快感があるのは珍しいことではありません。吹田の歯科で新しく入れ歯を作製し、新しい入れ歯がその方になじむまでには最低でも約2~4週間かかるからです。入れ歯は吹田の歯科で入れ歯を入れたその日からが始まりなのです。
吹田の歯科で入れ歯を作り吹田の歯科医から咬み合わせの調整をしますと言われる場合が多いことと思われます。「咬み合わせ」とは、上顎と下顎に並んでいる歯の接触関係の事です。 吹田駅近くの当医院では患者さん一人一人に合ったバランスの良い咬み合わせを40ミクロン(100分の4ミリ)の咬合紙という特別な紙を使って調整していきます。
入れ歯を入れて生じうる事柄
1、痛い
入れ歯を装着して痛みを感じる場合、入れ歯の床部が歯ぐきに強く接触しているか人工歯の噛み合わせがあっていないことが原因です。
2、外れる
入れ歯が外れてしまう場合、痛みと同様に、入れ歯の床部が適切でないか人工歯の噛みあわせがあっていないことが原因です。
3、しゃべりづらい
しゃべりづらいのは、入れ歯の高さが合っていないことが原因です。歯の部分が高く作られていると、「さしすせそ」や「たちつてと」が発音しづらくなります。上あごの入れ歯の土台部分が厚く作られていると、「らりるれろ」が発音しづらくなります。
4、吐き気
はじめはなれない入れ歯に上手く使えない吹田の方もいらっしゃいますが、少しのリハビリで問題なく使えるようになります。
5、臭い
入れ歯の臭いは、細菌が繁殖することが原因です。入れ歯洗浄剤を毎日使用してください。

入れ歯の手入れの仕方
食後は入れ歯の内面や外側に食べかすが溜まります。
その食べカスをそのままにしておくと、細菌によって入れ歯の内側の歯茎が炎症をおこしてしまうので、原則として毎食後入れ歯をはずしてのお掃除が必要です。
入れ歯本体は、歯磨き粉をつけずに水をかけながら 入れ歯用ブラシを使って食べかすを洗い流して下さい。 吹田の歯科で作った入れ歯の保管時には、保管容器に水をいれて その中に入れ歯を入れて下さい。入れ歯は乾燥すると変形、ひび割れを起こしてしまうこともあります。又、保管容器に市販の入れ歯洗浄剤を入れることにより、入れ歯の臭いや細菌、茶渋、タバコのヤニなどを落とすのに効果があります。
吹田の歯科で作った入れ歯を着けて痛みが出てきても無理に装着していると傷になり、入れ歯の調整が困難になり傷が治った後に入れ歯を合わせづらくなります。痛みが出てきたら早めに吹田の歯科医院に行き調整しましょう。
入れ歯を快適に使うためには、定期的な診察で継続的にお口の状態を吹田の歯科でチェックし、ダメな歯はタイミングを見て抜歯するなどが重要です。より食べ物をおいしく食べるために吹田の皆さんの口腔内状況を自身で把握しましょう。
いずれにしても吹田の方で少しでも入れ歯が合わない等の自覚かある場合は早めに吹田市の歯医者を受診して吹田の歯医者で相談してみてはどうでしょうか?