歯ブラシ 硬め 
更新日時:2019/06/27
カテゴリ:ブログ
JR吹田駅 歯医者
 ゆうき歯科です。
吹田駅近辺にお住まいの方で吹田の歯科を受診した際に吹田の歯科医から歯ブラシについてアドバイスを受けたことのある吹田の方もいればそうでない吹田の方もいることでしょう。
吹田駅近くの当歯科医院では基本的には歯ブラシの毛先は「かため」はおすすめしておりません。
「かため」の歯ブラシのメリットとデメリットについて考察してみましょう。
歯ブラシは歯垢を落とすために使いますが、かための歯ブラシは汚れを落とす力が強く清掃能力が高いという特徴があり爽快感を得たい方にはよいかもしれません。また毛先がかたいので耐久力があり毛先が傷んで開きにくくふつう、柔らかめの歯ブラシよりも長期間使用できることもメリットです。しかし「かため」の歯ブラシには、その毛の硬さゆえに様々なデメリットもあります。デメリットの方が多いため吹田駅近くの当歯科医院では硬めの歯ブラシを使いこなせる方よりも硬めの歯ブラシを使うことによる弊害を起こす吹田の方が多いように感じるため硬めの歯ブラシをお勧めしておりません。
かための歯ブラシを使うことによるデメリット・弊害、それは歯ブラシで歯や歯茎が削れてしまう可能性があるということです。特に、歯磨きの時間が長い人は要注意です。歯の表面は硬いエナメル質で覆われていますが、ブラッシングの時間が長い吹田の人が毛の硬い歯ブラシでゴシゴシと歯を磨くと、エナメル質が傷ついてしまいます。エナメル質が傷つくと、歯が凍みる知覚過敏を生じたり、着色しやすくなったり、エナメル質の内側の象牙質の色が目立ち歯が黄ばんで見えたりしてしまいます。さらに硬い歯ブラシを使うと、歯茎を傷つけてしまいその結果歯茎が下がってしまうことすらあります。
いずれにしても吹田の方で少しでも歯ブラシについてが疑問がある吹田の方は早めに吹田市の歯医者を受診して吹田の歯医者で相談してみてはどうでしょうか?